不思議な電話

久しぶりに児童書を読んでいます。

先日、図書館に行ったときについでに子供用の絵本とか児童書のコーナーをちらっと見てみました。

 

小学生くらいの頃によく読んでいた本が、いっぱい並んでいて懐かしい気持ちになりました。

 

「シートン動物記」とか「世界の名作」シリーズとか、大好きでよく読んでました。

 

さすがに私が読んでいた本よりは新しい改訂版がいろいろ出ていましたけど、よく学校の図書館で借りて読んでいたので、手に取るといまでもわくわくします。

 

大人になると小難しい本を読む機会が圧倒的に増えてしまい、自然と絵本や児童書からは遠ざかっていました。

 

久しぶりに数冊借りて読んでみました。

 

児童書を大人になってから改めて手に取って読んでみると、懐かしさもあるし、大人になったからよりわかる部分もあるし、なかなか新鮮です。

 

地域の図書館はよく行くので、またのぞいてみようと思います。