不思議な電話

その季節にあった表現をみると

私は、この季節には、この紙を使ってお手紙を書くという習慣があります。

 

昔ほど手紙も書かなくなりましたが、書く相手によっては、

 

紙の選定をし、墨をすり、ちゃんと筆書きをすることにしています。

 

源氏物語に、香の香りでその人がわかり、選んだ紙で、その人となり、

 

教養もわかるといった話がありますが、私もその通りだと思っています。

 

友人は、私が選んで贈ったクリスマスカードや、夏のグリーティングカードに

 

いつも、センスが良いよねと言ってくれるのです。

 

センスというよりかわいいから贈る、だけの話です。

 

手紙は、カードが一言、二言で終えることが出来るのに対し、書く気で書かないといけません。

 

言葉を書くのですから、その季節にフィットする言葉を

 

選ぶのです。他人から来た手紙を読むと、それこそセンスがうかがえます。